金型

正確な金型を持つことは、製造の生産性と最終製品の特性という点で決定的な役割を担います。AP&Tは、長年にわたり、板金成形業界向けに金型コンセプトを開発し、プレス金型を製造しています。AP&Tは現在、特にホットスタンプで世界のリーダーとなっています。

良質の金型および十分にテストを実施したコンセプト

AP&Tは、ほとんどの金属製品を成形するための良質の金型を製造しており、また、十分にテストを実施した独自の、ホットスタンプ、換気、屋根排水、熱交換器プレート用金型コンセプトを開発しました。 AP&Tがホットスタンプの世界をリードできるのは、主に、高度な熱間成形用金型の開発と製造の成功によるものです。AP&Tは現在、あらゆるタイプの熱間成形された車部品のための金型を供給しています。

金型試験およびホットスタンプ処理された部品の試作

AP&Tはウルリスハムある自社の技術センターで、素材および測定機器のシミュレーションとテストを実施し、最終製品の最終的な仕上がりが完ぺきになるよう保証します。特に、技術センターは、実際の生産条件に基づいて設計された、デモ、テスト製造、試作用の全自動ホットスタンプラインが備わっています。  同施設において貴社の生産サポートも致します。

詳細は部品生産をご覧下さい。 

ホットスタンプ

AP&Tには、ホットスタンプライン用の正確な金型ソリューションを作り出すのに必要な専門知識およびリソースがあります。生産に総合的にアプローチすることで、高品質の製品および信頼性あるプロセスを目指して金型を最適化するチャンスが広がります。

エアダクト部品

AP&T は、換気装置業界向けに溶融亜鉛めっき鋼で、カラー、サドル、エルボ、レジューサー、テイクオフ、エンドキャップ用の金型を製造しています。約150の部品用の標準金型を揃えています。

熱交換器プレート

AP&Tは、コンパクトな熱交換機用の熱交換機プレートを製造するためのプレス金型を製造します。金型は、銅箔付きまたは銅箔なしのステンレス鋼板金を対象としており、厚さが0.4~0.9mmの素材を扱うことができます。

屋根排水

AP&Tは、市場で入手可能なあらゆる部品およびサイズの金型を幅広く供給しています。金型は手動操作と自動操作向けに設計されています。曲がりおよび樋出口金型には複数の操作があります。すべての金型はAP&Tでテストを実施し、納入時には完全に生産準備ができています。

AP&Tに連絡する