燃料電池用セパレータ

AP&T は、燃料電池用セパレータの大規模かつ費用効果の高い生産ソリューションを提供します。熱交換器プレートに関するAP&Tの幅広い経験に基づく技術を使用して、同様の方法で製造されています。違いは主に材料の厚さと積み重ね方法に関するものです。

生産ラインソリューション

AP&Tのソリューションで製造される燃料電池用セパレータは主に、PEM(固体高分子膜)技術を使用した燃料電池を対象にしています。生産ラインは、熱交換器プレート生産ラインの場合と同様に標準化モジュールで構築されます。当社のラインとノウハウをCell Impactの高速衝撃ユニットと組み合わせることにより、シート材の歩留まりの高いラインデザインが可能になります。

効率的な工程

厚さ0.1mmの表面処理有り(または無し)のステンレスのコイル材から出発して、材料はプレスラインで成形および切断加工され、最終的に2枚1組のプレート(1つのセパレータプレート)に成形されます。フォーミング工程は、Cell Impactの高速衝撃ユニットで作動するように設計された専用金型で行われます。シートがこの高速ユニットによって成形されるとき、成形性が劇的に高まり、材料は従来の成形よりもずっと効率的に使用されます。

AP&Tのトランスファシステム、Cell Impactの高速衝撃ユニット、ユニークな金型設計、AP&Tのオートメーションシステムはすべて、工程のあらゆる段階で高い精度を保証します。サイクルタイムの短縮と高い信頼性もその成果です。 プレートをトリミングした後、対にして配置し、自動システムによってセパレータプレートとして接合されます。レーザー溶接の精度を確保するために、プレートは予備接合されます。

高まる燃料電池への関心

燃料電池で動く自動車はビジネス面で急成長を見込むことができているでしょうか? 大手自動車メーカーの一部は、既に燃料電池式自動車を手がけていて、市場に発表しており、その他のメーカーも確実に追随しています。基本的に運転時に排出ガスが出ない運転であることを含めて、その利点はかなり前からよく知られていますが、最近まで高コストが理由で、商業化が遅れていました。しかし、さらにコストパフォーマンスの高い製造方法が開発され、水素ステーションが次第に拡充していくにしたがって、各国で継続して拡大しています。

AP&Tに連絡する