高強度アルミニウムの成形

高強度アルミニウムで作られた骨格部品を成形するためのAP&Tの加工技術は、環境への影響がより少なく、軽量で、より安全性に優れ、エネルギー効率の高い車両を製造する新しい機会を切り開きます。

軽量化と高強度化

AP&Tの解決策は従来鋼板または冷間成形されたアルミニウムから製造された骨格部品の代わりに、熱間成形された高強度アルミニウムから製造することを可能にします。 これは、材料の強度および衝撃安全性が改善されると同時に、板厚を減少させ、部品重量を30〜50%軽量化させることができることを意味します。

成形性の向上とさらに合理的なプロセス

当社の加工技術は材料の成形性を大幅に向上させます。高強度のアルミニウムでも複雑な形状の部品に使用することができ、 追加の機能と品質を1つの部品に統合することができます。

特にこれは、現在いくつかの部品を接合して作っている部品を、はるかに少ない工程で製造できることを意味します。合理的な加工工程はコスト面でもメリットがあります。 部品点数、製造工程、および必要なツールの軽減が、より効果的な管理、物流、組立と相まって、総所有コスト競争力が非常に強いものになります。

柔軟性の高い完全なソリューション

AP&Tは、高強度アルミニウム(6000―7000系)の熱間成形、ダブルテンパーおよび温間成形のための完全で柔軟な生産ソリューションを提供しています。 特に、迅速かつ安定したエネルギー効率の高いプロセスを提供するAP&Tの最新プレスには、多段炉および自動搬送機が含まれています。

 

 

 

2017 Altair Enlighten Award 受賞 

高強度アルミニウム熱間成形のためのAP&Tのソリューションは、先日、Enabling Technology(軽量化実現技術)部門において2017年のAltair Enlighten Awardを受賞しました。 この賞は、より軽量でエネルギー効率の良い自動車に貢献できる重要な技術革新を認定しています。

 

 

 

AP&Tに連絡する