ここ数年、AP&Tは、車両部品の熱間成形のための金型ソリューションの開発と強化に意識的に取り組んできました。当社の取り組みは、既存のお客様だけでなく新規のお客様にも大きな関心を呼び起こし、いくつかの重要な取引のための道を開きました。

「当社のお客様は、金型そのものとそれが生み出す結果に関して、品質に対する要求が非常に高いのです。高度なシミュレーションとテストに多くのリソースを投入することで、完成した部品がお客様が望む正確なジオメトリと品質を早期に取得できるようになり、リードタイムを短縮することができます。」とプロダクトマネージャー のヨハン・メランダー(Johan Melander)は述べています。

大手自動車メーカーの協力企業であるMetalsa社は、AP&Tの金型を使って協力することを決めたお客様のうちの1社です。

「2016年、メキシコのMetalsa社は、金型加工を含む完全なホットスタンプラインを購入しました。私たちはその後、彼らから追加の金型注文を受けました。他にも新規のお客様が当社のソリューションに関心を示しています。」

ご存じのように、成功した事例は時に新しいものにつながります。 ヨハン・メランダーとその同僚たちにとって、この開発は、最初のコンタクトから納品、据付、保守、メンテナンスまで、金型とプロセス全体がどれだけうまく機能しているかを証明するものです。

ヨハン・メランダーは次のように述べています。「私たちはそれぞれの段階に集中しているため、高度な技術の安定供給と簡単なメンテナンスを提供し、安定した製造プロセスと高い生産性を実現します。」

事例

AP&Tは、高強度アルミニウムの成形ならびにホットスタンピング、熱交換器プレートおよび屋根排水システム部品の製造のための金型を開発および製造しています。

シミュレーションと試作品製造は、スウェーデンのAP&T テクニカルセンターで行われます。

AP&Tはホットスタンプ用の独自の完全生産ラインを使用して、プレ生産用の完成部品を生産したり、生産ピーク時に追加で生産能力を提供することができます。

ニュースレター
板金成形、オートメーションなどの開発に関する最新情報を入手するには、AP&Tの金属成形ニュース(Metal-Forming Bulletin) にご登録ください。
AP&Tに連絡する