2017年品質革新賞は1月29日にスウェーデンのストックホルムにあるModerna Museetで行われた式典で受賞社に授与されました. AP&Tは、昨年発表された高強度アルミニウムの成形に関する独自の生産ソリューションによって受賞の一社に選ばれました 。

「この素晴らしい賞は、AP&Tが代表する革新の過程を評価するものです。 当社の技術は、より軽量で、よりエネルギー効率が高く、より安全な車を設計する全く新しい機会を自動車産業に提供します」と当社の最高技術責任者(CTO)  技術開発担当のクリスチャン・コロシェッツ(Christian Koroschetz )と最高技術責任者(CTO)で製品開発担当のクリステル・べックダール( Christer Bäckdahl )がAP&Tを代表して賞を受け取りました。

SIQ審査委員会のコメント
「さまざまな能力を組み合わせた総合的かつ体系的なアプローチの採用により、高強度アルミニウムの複雑な成形のための新しい合理的な技術が開発されました。新技術により材料の厚みと重量を大幅に減らすことができ、燃料消費量と環境への影響を減らすことができます。同時に、耐衝撃性が向上します。 この組み合わせにより、この技術革新はアルミニウム部品生産技術における重要なブレークスルーになります。」

詳細はこちらをお読みください:

AP&Tの高強度アルミニウム成形用生産ソリューション

SIQ(スウェーデン品質研究所)-Swedish Institute for Quality

 

ニュースレター
板金成形、オートメーションなどの開発に関する最新情報を入手するには、AP&Tの金属成形ニュース(Metal-Forming Bulletin) にご登録ください。
AP&Tに連絡する