AP&Tの高強度アルミニウム成形用の独自の生産ソリューションが、新たに別の著名な賞も受賞しました。2017年品質革新賞(Quality Innovation Award)がSIQ(Swedish Institute for Quality)より贈られました。

「我々は、最新のイノベーションの結果がSIQによって認められ、表彰されたことを非常に誇りに思います。 高強度アルミニウムを成形する当社の新技術は真の顧客利益を生み出し、軽量で安全でエネルギー効率に優れた自動車の需要に自動車業界が対応できるようにします。」とAP&Tの技術開発担当CTOであるクリスチャン・コロシェッツ博士は語っています。

審査委員会は、今回の決定について次のように理由を説明しています。「さまざまな能力を併せ持つ、全体的かつ体系的なアプローチを採用することにより、高強度アルミニウムの複雑な成形のための新しい合理的技術が開発されました。 この新技術により、材料の厚さと重さを大幅に減らすことができ、燃料消費量を減らし、環境への影響を減らすことができます。同時に、耐衝撃性が向上します。 この組み合わせにより、この技術革新はアルミニウム生産技術における重要なブレークスルーになります。」

今年の初めに、AP&Tは、自動車産業にとって重要な軽量化技術革新を認定している国際的な2017 Altair Enlighten賞を受賞しました。

詳しくはこちら
AP&Tの高強度アルミニウム成形用生産ソリューション
AP&TEnlighten Award 2017を受賞
SIQ(スウェーデン品質研究所)-Swedish Institute for Quality

ニュースレター
板金成形、オートメーションなどの開発に関する最新情報を入手するには、AP&Tの金属成形ニュース(Metal-Forming Bulletin) にご登録ください。
AP&Tに連絡する