会社沿革

現在AP&Tは、確固とした地位を築きグローバルに活動する板金成形装置メーカーであり、自動車業界をリードする数多くのトップメーカーの重要な協力パートナーとなっています。そのサクセスストーリーは、50年前の、スウェーデンの片田舎の3つの小さなエンジニアリング企業で始まりました。

2010年代

創業から50年以上、続く成長

過去数年間、AP&Tの製品群はIndustry 4.0に沿って開発され、数々の新しい技術も始動しはじめました。熱間成形アルミニウム部品用の当社独自のプロセス技術は、2017 Altair Enlighten Awardを受賞しました。高性能で低エネルギー消費の新しいタイプのサーボ油圧プレスも導入されました。 AP&Tは、世界中の製品開発、生産、販売のための新たな協力イニシアチブにより、国際的な地位を強化し続けています。

2000年代

ホットスタンプにおけるトップナレッジパートナー

AP&Tは2000年代に、熱交換器プレートの成形装置および屋根排水と換気用部品のサプライヤーとして大きな成功を収めました。実際に、プレスハードニングは2000年代半ばから大きく成長し始め、AP&Tは自動車業者の世界トップレベルのナレッジパートナーになりました。またAP&Tは2000年代に、英国、日本、ポーランドおよび中国の企業と一緒に引き続き海外での存在感を強化しています。AP&Tは、2009年にFairford Holdingsによって買収されました。

1990年代

国際的成長

1990年代、AP&Tは製品のモジュール化を開始しました。開発と設計では、少数の基盤となるモジュールを生成し、多くのさまざまな製品に組み合わせることに重点を置いています。モジュール方式により、製品の設計と生産をより迅速に行うことができるようになります。製品のアップグレードや再構築の可能性はもちろん、サービスも受けやすくなります。

AP&Tのソリューションについては、特に家電製品およびコンピューターケースのメーカーの需要が急速に増え、販売が3倍に伸びました。その後、当社は販売サービスの現地法人をドイツ、米国、デンマークに設立しました。さらに、イタリア企業のNORDAを1991年に買収し、スウェーデン企業のTalent ABが1994年に加わりました。

1989

AP&Tの形成

事業が1989年に併合され、設備全体の責任を1つのサプライヤーが責任を持つ完全な生産ラインをお客様に提供するという理念の下、AP&Tが設立されました。One Responsible Partner®というコンセプトは、依然としてAP&Tの最も競争力のある強みの1つとなっています。会社の目標は当初から、新しい国際市場で競い合うことでした。

1964–1989

最初の25年

金型メーカーのVIBABは、ウルリスハム郊外の小さい町であるBlidsberg で1964年にStig GunnarssonおよびJan Merlander によって設立されました。会社は1974年にJunga Verkstäderに売却され、その後1980年にTordおよび Jerker Anderssonが事業を引き継ぎました。

1964年、スモーランド地方のLaganに、Bertil ÅbergがLagan Pressを設立し、同社はスウェーデンで最初に油圧プレスを製造する企業の1つになりました。

1970年に、Lagan Pressの2名の従業員Håkan Sallander とBertil Jonssonが、自ら製造を開始することを決心し、ヴェステルイェートランド地方のTranemoにTranemo Hydraulmaskiner を設立しました。

-3つの企業は1970年代および1980年代は互いに競合しましたが、それぞれ異なる強みを発展させました。Lagan Pressは深絞り、 Tranemo Hydraulmaskinerは大型プレステーブルを使ったプレス、VIBABは金型と自動搬送機に特化しました。

-1000メートルトンのプレス力があるプレス機の前に 立つKarl-Inge Swahn 。それは非常に大きく、Landskronaの造船所で組み立てる必要がありました。Karl-Ingeは最終的にスウェーデンのAP&Tのサービスマネージャーになりました。
AP&Tに連絡する