持続可能性

積極的で持続可能的な仕事は、責任あるビジネスと長期的な戦略的成長にとって礎となるものです。 AP&Tの持続可能性への取り組みは、自社の業務と顧客への提供だけでなく、当社のソリューションの支援によって生産される最終製品にも非常に関係しています。私たちは常に、安全性、エネルギー効率、環境性能を向上させるために、プロセスおよび技術開発の最前線にいるように努めています。 これがお客さまと私たち自身の継続的な成功の基盤を築く方法です。

 

 

社会は持続不可能なものから持続可能なものへと変化する必要があると私たちは考えており、個人および会社組織として、これを実現するために私たちの役割を果たす義務があります。

AP&Tは社会的責任(CSR)と持続可能な発展の基盤を、ESG(環境、社会、ガバナンス)のバックボーンと、国連グローバル・コンパクトの10原則やETIベース・コードのような世界的に受け入れられている原則に置くことを選択しました。

 

 

気候と環境

エネルギー効率は、気候と環境への影響を低減する上で最も重要な側面です。ますます軽量でより強力な材料から自動車部品を成形することを可能にする生産ソリューションは、よりエネルギー効率の高い自動車の一貫した開発に貢献します。熱交換器プレートは、AP&T製の設備で製造され、エネルギーのより効率的な利用を促進する製品の一例です。

また、当社が開発し製造する機械のエネルギー効率を改善するために絶えず努力をしています。 たとえば、当社の最新世代のプレスは、これまでよりもエネルギー効率が50%向上しています。

安全性

AP&Tのプロセス技術と材料についての理解は、主としてホットスタンプと高強度アルミニウムの成形について、自動車産業がより軽量・安全な車両を開発するための新しい可能性を生み出しています。精巧なシミュレーションと製造方法により、車両の構造部品の設計、衝突安全性の最適化に必要な特性の正確な組み合わせを確実に達成することができます。

安全性はまた、機械の設計・製造およびオペレータトレーニングにとっても中心的な役割を果たします。 私たちの目標は、AP&Tが納入した設備を使用する際に、誰にも怪我をさせないことです。

人材

AP&Tの企業理念は人道的なアプローチに基づいています。 私たちは私たちの従業員を最も重要な資源とみなし、各人が成長し、発展する機会がある職場環境を作り出すことを目指しています。 私たちは、我々の価値を共有するサプライヤーやパートナーを選ぶことを目指しており、お客様の工場で作業中に当社の機械の作業者が怪我をしないように最大限努めています。

社会的責任

すべてのAP&Tグループ会社は、人権と労働法に関する側面を管理システムに組み込む必要があります。 また、各会社は、自社の業務とサプライチェーン両方のリスクとパフォーマンスを定期的に評価しなければなりません。

贈収賄と腐敗防止 

ビジネスにおける長期的な成功は、自由で公正な競争がある場合にのみ可能です。 この基本原則と法的義務に基づき、AP&Tとその子会社が誠実で倫理的な方法で事業を行うのがポリシーです。私たちは、贈収賄と腐敗に対してゼロ・トレランス方式のアプローチをとっています。私たちは事業運営のあらゆる場面で業務上の高潔さを持った行動をすることを決意しています。

環境への取り組み

AP&Tの環境経営は、購買から最終製品の環境への影響まで、事業のあらゆる側面を考慮した全体的な視点に基づいています。私たちは従業員がよりクリーンな製造プロセスを作り上げ、材料とエネルギーの利用を減らし、廃棄物の発生を減らしまたリサイクルのレベルを上げるように努力することを奨励します。

また、サプライヤーに対しも、積極的な作業環境経営とISO14001への準拠を要求しています。

内部通報 

AP&Tグループは最高レベルの誠実さ、公開性、説明責任を維持することに全力を尽くしており、したがってすべての不正行為を真剣に受け止めています。 すべての従業員は、不正行為を構成する活動を報告しても、懲戒処分を受けることがないことを保証されています。

AP&Tに連絡する