AP&Tのリニアロボットや他のオートメーション製品によって、世界中で、複数の量産ラインの生産性を高めることができます — AP&Tのフルラインだけでなく。当社Machine In a Boxのコンセプトは、当社および外部の現地ライン統合担当者が納期を短縮し、品質が保証された製品を速やかに導入する道を開きます。 

つまり、Machine In a Boxとは、当社がインテグレータの仕様に従い、AP&Tの標準化した製品のモジュラープログラムを基に、オートメーション製品を設計、製造することを意味します。製品は、実質的にパッケージソリューションとして現地ライン統合担当者に納入され、インテグレータは、エンドカスタマーの要件を基に、プロジェクトの遂行に責任を持ちます。 

Machine In a Boxは、板金加工向けオートメーション製品に適するだけでなく、食品、木材、タイヤなど他の産業にも対応します。 

 

洗礼されたライン統合担当社の品質を保った短納期を実現する。 
AP&Tに連絡する