キャプション:今年は、納期が通常より遅れる可能性があるため、夏までに間に合うように予備品を注文することが重要です。
キャプション:今年は、納期が通常より遅れる可能性があるため、夏までに間に合うように予備品を注文することが重要です。

危機の時期にあって、予備品供給をどのように確保したらよいでしょうか?コロナウィルス感染拡大を考え、AP&T は、お客様が消耗部品および予備品の要不要を再確認し、必要時に間に合うように注文することを推奨しています。 

「自社で保有する機械のメンテナンスを夏に実施するお客様は多い。顧客側で必要とする予備品に不足がでないようにするため、この危機的な状況を考えて、通常より長めの納期を取って計画を立てるのが賢明だろう。」 と、AP&T アフターサービス部門 マッツ・キンビー(Mats Kinnby)氏は述べています。

予備品を自社でストックしておくのが賢明です。担当員が各社を訪問してメンテナンス作業を実施することに制限がかかっているため、作業が妨げられたり、遅延されたりする状況ですが、AP&T ではオンラインでのサポートをご利用になれます。

AP&T 代表に連絡の上、どの消耗部品・予備品が必要か、また早期注文が必要かを再確認してください。テクニカルサポートおよびその他サービスについての詳細は、こちらをご覧ください。

ニュースレター
板金成形、オートメーションなどの開発に関する最新情報を入手するには、AP&Tの金属成形ニュース(Metal-Forming Bulletin) にご登録ください。
個人情報保護方針を読むには、こちらをクリックしてください
AP&Tに連絡する
個人情報保護方針を読むには、こちらをクリックしてください